生命保険会社で悩んだら

保険選びは重要!

自分の為ではなく家族の為に

日本では、生命保険の世帯加入率は90パーセント以上であると言われ、貯蓄率と同様に高い数字を示しています。ほとんどの世帯がなんらかの生命保険に加入していることになるのですが、これは日本人の国民性と、将来に対する不安からこの高い数字になっているといえます。

生命保険に入る理由の多くは、将来の経済的な危機に対しての保障です。自分が死んだとき妻や子供が困らないようにとか、自分が病気や怪我で働けなくなったとき、経済的に困らないようにという理由から入る人が多いです。

生命保険に対する関心は一様にみなさん高いですが、その割には「保険なんてみな同じ」と思っている人も多くいます。知り合いに生命保険会社の営業マンがいれば、内容をしっかり確かめることもなく、ほぼ100%の確率で、知り合いの営業マンの人の保険に入ってしまいます。この事なども生命保険会社はどこもみな同じ、と思っているからこその現象といえます。保険会社によって保障の差があると思えば、少なくとも内容ぐらいは調べるでしょう。

生命保険は、不測の事態が起こってしまった時のために備えて、頑張って掛け金を納めていきます。「お金があまっているから入いろうか」というものでもありません。 生命保険は決して安い買い物ではありませんが、それなのに、偶然身近にいる保険営業マンがいると、内容もよく分からないまま、他社と比較しないままにその人から契約をするとか、偶然に出会った通販商品になんとなく良いような気がして契約を申し込んで後悔が残らないものなのでしょうか?

答えは「NO~!」です。生命保険に入るには、真剣に選んで入る必要があります。 従来の生命保険というのは、生命保険会社や損害保険会社といった会社だけが保険商品を取り扱っていました。しかし現在では、生命保険会社や損害保険会社ばかりでなく、数多くの企業が保険業に参入して、各社競って様々な保険商品を販売しているのです。 取り扱う商品も、生命保険会社によってそれぞれ特徴があり異なりますから、保険を選ぶ際には保険会社の特徴をある程度把握しておくことが必要です。

「備えあれば憂いなし」ですが、より安全なところに、良い形で備えてこそより安心していられます。保険会社の特徴や、販売されている特約の内容をよく知っておくことは必要ですし大事な事です。

スポンサードリンク